本文へスキップ

老後資金の貯蓄方法 では、年金受給額、ローン返済、自動車の維持費、高額医療制度、保険、節約、確定申告などで無理なく老後資金を増やす方法をまとめました。

7、保険を見直す

保障内容を見直して、贅肉を取った保険にして節約
     

年金生活中に扶養者が癌になって思わぬ出費。 それが原因で預金が激減して老後破綻という例があります。

老後の大きな出費はその後の人生を変える危険性があります。
老後こそ、身の丈に合った、老後生活に合わせた保障の保険を考えてガードする事が重要ではないでしょうか。

高額出費の対策をすることは、安心した老後生活をおくる基盤となります。

保険については多くの専門的なサイトがありますので、それらも参考になるとおもいます。
こちらでは、ポイントだけにしておきます。

生命保険を見直す

保障の重なりを調整する

以前入った生命保険に、積立、医療 等 いろいろな特約を付加している方は多いと思います。
近年、がん保険がでてきたのでそれも入ったという方も多いはずです。

このような場合に有りがちなのが、入院、手術の保障が重なっている場合です。

保険の補償内容の重なり

どちらかの保険に保障をまとめるか、重なった部分を一方から削るなど調整して保険金を節約しましょう。

死亡保障金を見直す

以前入った生命保険の死亡時金は、家族のために高めにしていたとおもいます。
お子さんが独り立ちされたら、死亡時の金額は減額しても良いのではないでしょうか?

掛け捨てタイプにする

以前の生命保険は、毎月の支払が多いのに解約時の返戻金がほとんど無いものがあります。
このような場合、掛け捨てタイプの生命保険にした方がかなり安くなります。

     
     

医療保険を見直す

以前は病気、ケガをしたら入院して治療する事が多かったとおもいます。
ですから入院保障が重視され、退院して通院した場合の保障が無いものが多いはずです。

最近は癌でも入院期間をなるべく短くし、通院で治療するようになっています。
ホームページ 寿命と病気の統計

特に老後は何らかの病気になる事を考えておくべきでしょう。

最近ではDNA検査からかかりやすい病気がわかるようですから、それらの情報を参考に通院保障を加えた終身型の医療保険を考えておくべきではないでしょうか。


個人年金保険には、一生涯お金をもらえるタイプがある

     

保険会社等の個人年金保険に入っている方の多くは、もらえる期間が決まっているタイプではないでしょうか。

実は生きている間、ずっと年金をもらえる終身年金タイプの商品があります。

保険会社が積極的に薦めないのは、景気低迷によって資金の運用益が下がって会社負担が多くなるリスクがある為と、契約者の毎月の支払い額が多めになるためです。

余裕があるうちに一括払いで終身年金タイプの個人年金保険に入れば、公的年金のように一生涯お金をもらえます。
一括払いならば、支払総額が毎月に比べたいへんお得になる事は、もうご存知ですね。
一度、保険会社に確認してみたらいかがでしょうか。


火災・地震保険

現役で働いているときは、火事や地震で住居が損傷したとしても何とか生活できると思いますが、年金やギリギリの貯蓄しか無くなってからでは住居を無くすだけでなく、その後の生活が出来なくなる可能性があります。

家やマンションをお持ちの方は、これら保険も加入しておいた方がよいでしょう。